2004年12月30日

余った母乳の使い道。

ほんとによく出るおっぱい。
シオンの時とは比較にならない。
シオンの時は切れた乳首の傷も治りが悪くて、よく搾乳してたけど、
40分くらいかかって搾っても80cc取れるか取れないかって感じだった。
(だいたい生後3週間は1回の授乳に100ccは必要なのに。)
搾り過ぎで手が腱鞘炎になりそうで搾乳機を買ってきてもらったくらいだ。

ところが今回は違う。
1回開通している乳腺が再び開通するのはあっという間だった。
ジャブジャブ出過ぎてみおんには飲み切れない。
すると常におっぱいが張ってしまって痛い痛い(T_T)
張り過ぎて漏れてしまう事もしばしば。
なので、またまた搾乳をよくする。
でも、シオンの時と違って10分も搾れば100ccは軽く搾れてしまう。
そのおっぱいはどうするかと言うと・・・流しにポイポイです(;_;)
ほんとに必要な人がいたらあげたいくらいだ。
切ないけど、とって置いても使い用が無いし、でもやっぱり切ないなぁ。。

なんて考えていたら、ふと思いついた。
植木に水の代わりに遣っては駄目だろうか?
母乳って栄養たっぷりだし、良い肥料にならないかしらん??
うちには母が可愛がっている植木鉢や観葉植物がたくさんあるのです。
なので、母の許可を取ってあげてみた。
これでもしなにか劇的に良い変化があったら、
ぜひ学会に発表しようっと♪(あり得ない?)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

メリークリスマス☆

クリスマスイヴの昨日は、旦那が福岡まで飛んできました☆
ほんっっとに珍しく、クリスマスが休みだと言うので。
飲食店なんかで働いてると、たいてい、クリスマスなんて稼ぎ時。
休みなんて取れなくて当たり前なのに、何年ぶりのクリスマス休暇でしょう。。

そんなもんで、にぎやかで楽しいクリスマスになりました♪…シオンにとって(笑)
でも、みおんが生まれてからは、
以前がいったいなんだったんだ、と言うくらい旦那への連絡もマメになり、
旦那からの連絡もマメになり、
徐々に夫婦らしさを取り戻しつつある私達。
それにそろそろ両親との生活も息苦しくなってきた私(^^ヾ
旦那が来てくれて、私にとっても嬉しい楽しいクリスマスでした。
なによりシオンが楽しそうで楽しそうで。
やっぱり子供の笑顔を見るのは幸せなのです。
最近は、気を付けてはいても、やっぱりシオンには寂しい思いをさせてしまっているし・・・。
高い飛行機代を払っても、
シオンが一日中笑っていられてほんとーーーに良かった(^−^)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

生後2週間。

生まれてから2週間目のみおんさん。

体重約3500gになりました(^^)

赤ちゃん用の体重計じゃないので、アバウトだけど☆
615gも増えた〜〜。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

分かってるんだね。

お姉ちゃんっぷりを発揮しつつあるシオン。

旦那の写真をみおんの枕もとに置いた。
そして「パパよ〜。」・・・って。。

みおんと自分のパパが、同じ人である事。
自分のパパがみおんのパパでもある事。
分かってるんだね、シオン。
私のことも。
シオンとみおんのママである事、きっと分かってる。

子供ってすごいなぁ。。
親はいなくとも子は育つ、ってちょっと納得。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シオンと一緒に夜間授乳。

昨夜・・・って言うか今朝?3時頃。
みおんのおっぱいタイム。
少しタイミングがずれてしまい、みおんが泣いてしまった。
いつもは泣き声をあげる前に私が先に起きておっぱいを飲ませるのだけど。
(この私が・・・(笑)。起きれるものです。)
その泣き声でシオンも起きてしまった。

あらら〜〜〜。。シオン、どうするかなぁ。。
「シオン、ママ、みおんちゃんにおっぱいあげるね。」
「うん。。」
ボーーッとしてるシオン。寝ぼけてるのかなぁと思い、
「シオンはねんねしてていいよ〜。起こしてごめんね。よしよし。」
と、寝かしつけようとしたのだけれど、
「うううん。」
と、首を横に振った。
おっぱいが気になって眠れないのかな、と思ったのだけれど、
みおんは1秒たりとも我慢が出来ない状態だったのでおっぱいをあげることにした。
そしたら。
シオンはみおんをイイ子イイ子してくれた。
「よしよし。おっぱいよ〜。」とか言いながら。
たまにちょっと私に甘えて、私のひざに寝っ転がってきたり。

なんだか、胸がギュッッとなった。

みおんがおっぱいを飲み終わって寝てしまったら、シオンもすぐ寝た。
私には、夜間授乳に付き合ってくれたように感じた。
上手く言えないけれど。
シオンにはシオンの、別の感情があるかもしれないけれど。
分からないけれど。
こういうのって、悪い事じゃないなって思ったのです。

シオンが初めておっぱいシーンを見た時、シオンの取った行動は。
「私のおっぱいをあげる〜〜!!」と言わんばかりに自分の服をまくりあげた☆
それまで、ほとんどの上の子は自分もおっぱいを欲しがると聞いていた。
欲しがったらあげて良いとも聞いていたので、私にもその覚悟が出来ていた。
それなのに。シオンは全然別の行動を取った。。

それからは、おっぱい中にイイ子イイ子してくれたりする事が多い。
明らかに嫌がって
「おっぱいいやっ!赤ちゃんいやっ!ショォンシャン抱っこして!!」
とか言ったりするけど、
感情を表に出してくれてるから、そんな時の方がかえって安心したりします。
赤ちゃんを片手に抱きながらでも、
とにかくシオンをギュ−−ってしてあげると落ち着いてるし。。
おそらく、おっぱいに対する独占欲はあまりないのかな…。
シオンはほんとがんばってます。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

ばーたん来る。

今日は、母の母、私から見た母方のおばあちゃまが来てくれました。
母の実家は鹿児島。
鹿児島から、母の弟(私の叔父)が運転する車で来てくれたのです。

誰が教えたか、いつのまにかシオンは「ばーたん」と呼んでいた。
福岡に住む父方のひいおばあちゃまは「バーバーバー」。
鹿児島のひいおばあちゃまは「ばーたん」。
区別がついていいね(^^)

せっかちで落ち着きの無いうちの母とは正反対に、柔らかい物腰のばーたん。
母は4人兄弟…という事は、4人の子供を育て上げたベテランなので、
子供のあしらい方も上手。
これまたあっという間にシオンはなついてしまった☆
母よりもなついてる。

母は何かとシオンを怒ってばっかりで、シオンは最近母を避け気味。。
私としても、自分の母親を嫌われるのは悲しいので何とか好きになってもらいたいのだが、
母の怒り方じゃフォローの仕様が無い。
私もいやだ(笑)
なんだかんだ言って、母親と娘の間には絆がある。
だから多少厳しく怒っても、時には叩いても、
それなりに娘は付いて来てくれるし理解もしてくれている。(…と思う。)
でもそこまでの絆が無いばあちゃんが母親と同じように怒ったって(っつうかそれ以上。)
単純に怖がられて嫌われるだけだ。
自分のことを思って怒ってくれてるなんて理解できるのは10年以上も先の事だろう。
それがいまいちうちの母は分かっていない。

私が入院中の時は、母が育児ノイローゼになりそうに見えた。
これはうちに限った事ではなく、他のママさん達も同じ様な事を言っていた。
だいたいみんな、上の子がやんちゃ盛りの2歳児で。
その2歳児を実家に預けてみんな入院してきているわけで。
やんちゃっ子の面倒を24時間見るのは、例え可愛い孫でも無理があるらしい。。
ばあちゃん達が育児ノイローゼになりそうなのも仕方無いのかも。
でも、ばあちゃんにはもうちょっと寛容な心を持って欲しいものです。

ばーたんを見習ってくださーい!
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

親ばかって言うか…。

さてさてみおんさん、着実に成長しています。

昨日は初めて声らしい声を聞きました。「あ〜い。」って(*^^*)

そして、目がパッチリ開いてきたよ〜。
入院中、周りの子がパチパチと目が開いていく中、みおんはなかなか開かなくて。
開いても半開きだったり。
それが開いてきて、それまで隠れていた長いまつ毛も出てきて、あら可愛い♪
目をつぶっててもはっきりラインが入っていたパッチリ奥二重。
目をつぶっててもはっきり分かった切れの長さ。
あ〜〜〜〜我が子ながら、なんて美人なのかしら(≧。≦)
ばっちり二重の美少女タイプではないけれど、
将来和服が似合いそうな、上品な美人ちゃんです。
親ばかって言うか・・・なんなんだろう、私(^^ヾ

私の乳首の傷も治って、直におっぱいグビグビ飲んでます。
二人目と言う事で、あふれるほどによく出る私のおっぱい。
要求があれば人にあげたいくらいあふれています。(誰も要求しないって?)
ちっちゃめに生まれてきたみおんだけど、大きくなりそう。

二人目は可愛いってよく言うけど、ちょっとニュアンスが違う気がする。
単純に、可愛さだけを満喫できるのです、二人目って。
シオンの時ももちろん可愛くて、それなりに余裕を持ってお世話してたつもりだったけど、
今みおんが生まれて比べてみると、
シオンの時はいかに戸惑い、焦り、気を遣っていたかって思う。
初めての事だらけなんだから当たり前なんだけど、
当時はそんな自分を認めたくなくて、精一杯見栄を張っていたのかも。

みおんの場合はほんとに、泣いても何しても焦らないし、かえって可愛い(^^)
オムツ換えも2〜3時間おきの授乳もやり始めれば体が勝手に動いてくれる。
困ったり迷ったりする事が無いから、可愛さだけが浮き上がってきて…。

何より一番幸せを感じるのは、シオンとみおんの二人並んで寝る姿。
聞いてはいたけど、これほんと。
これが、兄弟姉妹を育てている醍醐味です☆
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命名!!

お七夜には、命名して名前をお披露目する風習もあります。
と言うわけで命名!!

海音 みおん(*^^*)

です。よろしくお願いします♪

産前に旦那といくつか候補を出していて、顔を見てから決めようと言っていた。
その中で、実は私、この名前にはちょっと納得が行っていなかった。。
旦那からのセレクションなんだけれど。
一つは、シオンとミオンって似過ぎじゃない??ってことと、
一つは、冬生まれなのに海??ってことと、
一つは、海の音ってちょっと直接過ぎる気が…ってことと。

でも顔を見たら、「みお〜ん」って呼びたくなる子だったんです。
なんだかポワ〜ンとしたイメージで、天ボケっぽいような。。
女の子らしくて、おっとりした感じ。
しかも旦那もそう思ったって。
シオンの時とは明らかに違うイメージ。

何で旦那が『海』って漢字を思いついたかと言うと、
私が妊娠中にシオンとよく海に行っていたのと、(胎教は海の音、という事らしい。)
一回、3人で海に行った時に、
お腹の大きな私とシオンが波打ち際で遊んでる光景が印象的だった事と。
さらにこの子は、生まれてくる時に羊水を自分で吐き出して出て来たって。
普通は助産婦さんが鼻に管を通して羊水を吐き出させてあげるのに。
だからこの子は泳ぎが得意かも、と言う考えも入り…。
それで、『海』。
親の想いとしては、
「海の様に広い心の女性になってね。」という願いも込めて・・・。

詩音と海音。
二つの音の郷、響子。(私)
私も大きな母親にならなきゃ〜。(体じゃなくて。)

そうそう、3人仲良くA型でーす(^^)v
旦那一人だけB型(^w^)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お七夜。

今日は姫様、生後7日目の夜。世に言う「お七夜」です。
うちの母ってば、「初七日ね〜。」…っておいおい(T_T;)

福岡ではお七夜に親戚から魚を振舞う風習があるらしく、
バーバーバー(ひいおばあちゃま)がそれは立派な甘鯛を持ってきてくれました。
姫と同じくらいの長さ!
そのお頭は母親である私が頂いて、その栄養が母乳となり、姫の体に入る、と言う訳です。
おいしかった〜(O^O^O)
ほんと福岡って魚がおいしい所です。♪い〜ちど〜はお〜いで〜♪(それは草津?)
(↑意味不明?)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

退院の日。

本日めでたく退院〜♪
今回の入院は、一緒に入院してたママさん達がほとんど経産婦さんと言う珍しいパターン。
しかもみんな明るくて楽しい人ばっかりで、話題も合うしで楽しい入院生活でした。

でも。
こんなに楽しい入院生活でも、私には退院したくてしょうがない理由があった。
なんと!10日の夜から、くん&リンがはるばる来てくれていたのだ〜!
うちに泊まってくれていたので、私も早く家に帰りたくてしょうがなかった。
体の調子さえ良ければ早く退院できるように先生にお願いする予定だったのだけど・・・。
具体的な話で聞き苦しいかもしれませんが、会陰切開の痛みが治まらなくて(T_T)
前回もこんなに痛かったっけかな〜??
歩くのもつらいし、重い物(シオンとか(笑))を持つのもつらい。
先生に、「もしかして裂けましたか?」と聞いてみたのだけど、否定された。
なので、無理して早く退院するのはやめにして、
退院の時間だけ早くすることにしたのです。
だって12日、今日、二人は帰ってしまうので・・・。

くん&リンのお迎えもあって、にぎやかな退院でした(^^)

さてさて午前中に帰宅して、お昼ご飯はうちでふぐパーティー♪
ふぐ刺、ふぐちり、ふぐ雑炊・・・おいしかったね〜(*^^*)

その後夕方、二人をシオンと一緒に博多駅まで送りに行った。
永遠の別れでも無いのに、涙があふれてしまった私(;_;)
産前産後の女性は泣き虫なんです。
慣れない環境で、私が入院してしまって、さらに赤ちゃんの出現に困惑気味のシオン。
くん&リンの来福はシオンにとって何よりの喜びと安心感をくれたはず。
感謝感謝です。

帰り道、久しぶりの私と二人っきりの外出に嬉しそうなシオン。
でも。私は痛みがピークに達し、シオンより歩くペースが遅いほど(^^;)
しばらくのんびりしていよう。。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

婦長さんの言葉。

そして今日。9日の夜は、とうとうシオンは病院から帰る時に大泣きした。
「ママ(一緒に)行こ、ママ行こ、」
「ママね、もうちょっと病院にいなきゃいけないから。。」
「ママ〜〜〜〜!!いや〜〜〜〜〜!!」
・・・なんてやりとりをしてる時にちょうど婦長さんが通りかかり、
私は赤ちゃんを抱っこしていたのだけれど、
「赤ちゃんは私が抱っこしてるからゆっくり見送ってきて。」
と言ってくれた。
お言葉に甘えて赤ちゃんを預けて玄関まで見送りに。
最後まで泣き叫んでいたシオンの姿が見えなくなった瞬間、私も泣いてしまった。

その後婦長さんの所へ赤ちゃんを迎えに行き、すがる気持ちで思わず相談。
「ああゆう時ってどうしたらいいんでしょうね。。」
婦長さんは言ってくれた。
「赤ちゃんはみんなとお友達になれるから。
 赤ちゃんはみんなと遊べる能力があるんです。
 でもお姉ちゃんはママじゃなきゃ駄目な時があるから、
 お姉ちゃんをいっぱい構ってあげてください。
 いっぱい甘えさせてあげてください。」

なんだかよく、
「赤ちゃんはオムツ替えておっぱいさえあげておけば多少泣いても放っておいて大丈夫。」
みたいな言い方をしたりするけど、その言い方って嫌いで。
考え方は分かるけど、何か他に言い方はないものかと思っていた。
見た目70歳くらいのベテラン婦長さん、さすが。
やっと、私の納得する言葉をくれました。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママのいない夜。

シオンは、ママっ子ではないと思っていた。

6日、私とシオンは叔母の家に泊まった。
その夜、陣痛がきたので寝てるシオンを置いて私は叔母と病院へ。
そして明け方4時頃。
シオンが、急に起き出して私を探したそうだ。
まだ叔母は病院にいたので、叔父が一生懸命あやしてくれたらしい。
3時33分に出産してその時間の直後にシオンが起き出したって言うのも不思議だけど。。
いつもは夜はぐっすりで、何しても起きないほどなのに、起きた事じたい不思議。
部屋中のあっちこっちのドアを開けて、泣きながら私を探したって。
そこへ叔母が帰ってきて、泣きついてきたシオン。
その後寝かしつけても、そっぽを向いて寝たフリをするものの、
ずーーっとパチパチ瞬きをして、考え事をして・・・。
考え疲れて寝てしまったらしい。

7日は旦那が一緒の夜だったので、久しぶりのパパにべったりだったけど。
それでも寝付いた後、また真夜中に起き出して私を探して。
旦那の顔を見てまた安心したけど、
やっぱり寝かしつけても、ずーーっと瞬きしながら考え事をして。。
旦那が「ママの事考えてるの?」と言ったら。
せきを切ったように旦那に抱きついて嗚咽のような大泣きをしたらしい。

そして8日は旦那が帰ってしまって、ママもパパもいない夜。
この日退院してきた母と一緒に家に帰ったシオン。
産院から帰る時は、確かに笑顔を見せて元気に手を振って帰って行った。
ところが、それから数十分後、母から電話がかかってきた。
「シオンが『ママママ』言うから…。」って。
シオンと話した。
最初は普通に会話をしていたのに、突然、ほんと突然、シオンは泣き出した。
「ママ〜〜〜〜!!」
しゃくりあげて、繰り返し「ママ、ママ、」と泣き叫ぶシオン。
「シオン、ママね、もう少ししたら帰るから、イイ子で待っててね。」
・・・と言いながら私も大泣き。
声にならない声で精一杯「うん、うん、」とうなずくシオン。

今まで、『ママっ子ではない。』と思っていた事を情けなく感じた。
シオンは、ママっ子じゃ無かった訳ではなく、
私がいることをただ当たり前に思っていてくれていただけなのに。
シオンがママにべったりしてくれない事を悩んでいた私はなんて浅はかだったんだろう。

しかもシオンは、不安な気持ちを大人に悟られないように精一杯がんばってる。
私もしっかりしなきゃ。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

子はかすがい?

さてさて、立ち会う予定だった旦那様、あまりのスピード出産で間に合いませんでした(^^;)
7日の朝の飛行機で駆けつけてくれたんだけど。
久しぶりに顔を合わせた時は、私はもうすっかり一人で歩けるくらいに回復していた。
赤ちゃんの顔が見たくて新生児室の前でにやけていた私。
そこへ旦那が来た。
「久しぶり〜。」
とお互い言ったすぐ後、二人同時に赤ちゃんに目を向けた。
そしたら。
その瞬間すっかり『夫婦』に戻ってしまった。
生まれて数時間しか経っていない我が子を見つめる目は一緒だった…というか。

その後の会話もスムーズで。
「最近ちっとも連絡くれなかったじゃんよ〜。」
なんて普通の会話もごく自然にできた。
『子はかすがい』ってこういう事かも。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳首切れた(◎◎;)

また乳首が切れた〜っ!!

シオンの時も乳首が切れて直におっぱいを吸わせる事ができず、
一ヵ月くらい哺乳ビンに絞ってあげる生活が続いた。
痛いし手間だし赤ちゃんに直接おっぱいをくわえて欲しいしでつらかった(;_;)

またその生活が始まるのか〜(TOT)

シオンに1年2ヵ月も吸ってもらったのです。
てっきり強くなったと思ったのに、私の乳首ちゃん。
「デリケートな乳首なのね。」と助産婦さんに言われ…。
『デリケート』と言われればイヤな気はしないけど(笑)
でもやっぱり直接おっぱいあげたいよぉ〜(;´Д`)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉痛(☆。☆)

早くも腕や肩が筋肉痛☆
私もまだまだ若いわね〜翌日に出てくるなんて♪(あほ?)

普段重いシオンを抱っこするのに慣れてるはずなのに、
やっぱり新生児を抱っこする方が力が入る。
あのグニャグニャの体を抱っこするのは緊張〜〜〜。
でもたまらんっ(*^^*)
新生児大好きっ♪

さらになぜか顔の筋肉も筋肉痛☆
分娩の時にすさまじい表情をし過ぎたせいかしら(^_^;)
それに赤ちゃん眺めては口角が上がりっぱなしだし(~〜~)
シオンと騒いでは笑ったり怒ったり(元気な産後ママ?)
顔筋使いっぱなしだぁ。(小顔効果期待。)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

シオンと赤ちゃん初対面!

今日の昼過ぎ、シオンと赤ちゃんは初対面を交わしました〜(o^o^o)

シオンさん、赤ちゃんにメロメロラブラブ(*^^*)
嬉しくて可愛くて仕方無い様子。
終始笑顔で愛しそうにイイ子イイ子♪
チュッ(^ε^)してました。
美しき姉妹愛だわ〜☆

まだ授乳シーンとか見てないからかなぁ。。
明日から母子同室になるので(今は新生児室お預かり。)どうなるかなぁ。
でもシオンが嬉しそうだと、頑張って良かった、って思える私でした!
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産まれちゃいました!

結局寝れなかった…。
夜0時に陣痛が来て、あっという間に4分おきの陣痛になり、
病院に着いたら子宮口も全開で、すぐ破水して、
どんどん陣痛は早く&強くなり、超スピード出産☆
3時間半で産まれちゃいました(☆o◎)
ずっとポジティブシンキングで頑張りました!

3時33分
2885g

元気すぎる女の子♪顔が出た瞬間から泣いてるの(笑)

産後1時間でおっぱいも飲んだよ。
吸い方上手!シオンに似て食いしん坊かな(^-^)

頑張ったね!赤ちゃ〜ん(≧▽≦)(名前は未定)

眠いはずなのに眠くなーい(ΘωΘ)(産後興奮中)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

陣痛?

ただいま23時過ぎ。
なんとなくジワ〜ッと懐かしい痛みが…下腹部痛と肛門痛(笑)
まだ規則的じゃないけど。。

おしるしがあってから、ずっと下腹部が重くて歩きにくくて。
明らかに昨日までとは違う感じ。
ドキドキーー(☆_☆)

とりあえず長丁場に備えて寝てみまーす☆彡
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おしるし☆

今日、14時くらいについに

『おしるし』(*^^*)

が来ました〜!
今日明日中に来るか?陣痛!
あんなに赤ちゃん早く出てこないか待ち遠しかったけど、
いざ近づくと恐くなってきた(>_<)
い、いや、前向きに頑張ろう。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

お〜い。

赤ちゃん、まだ出てくる気配がありません(^^)
ただいま12月5日の23時を回りました。
ちょっとお腹が張ってるような感じもあるんだけど…。
陣痛とは違うなぁ・・・。

今日帰るはずだった旦那の両親。
明日(月曜日)のお仕事休んで、明日までいるそうです(笑)
できれば赤ちゃんに会いたいからって…ありがたいことです。

お〜い。
みんながあなたに早く会いたがってるのに。
ママのお腹はそんなに居心地が良いのかな〜♪

実は。以前左親指の付け根を切って縫ったうちの母。
あれから腱が切れちゃいまして、明日から3日間、手術入院する事になっちゃいました☆
このことは旦那の両親には内緒。
両親に言ってしまいそうな旦那にも内緒。
それはさておき、そんなこんなで明日からの3日間、
近所の叔母のおうちにシオンと2人でお泊りです。
私の大好きな叔母。シオンも大好きでよくなついてる叔母。
不幸中の幸いと言うか、近くに頼りになる身寄りがあって良かった(^^)
母は当然、退院後もシオンのお世話どころか赤ちゃんのお世話も出来なくて、
それどころか家事もままならないので、私に申し訳ながっていた。
「あなたが可哀相で…。」って。
私も産後に休みたくて実家に帰ってきたのに(それだけじゃないけど。)、
急にこんなコトになって本心では戸惑ってるけど、
何より一番情けなく思って自分を責めてしまいそうなのは母だ。
私が母の立場だったら悔やんでも悔やみきれない気持ちのはず。
ってか、母の入院中に私が産気づいたら本当に可哀相だ、うちの母(^^;)
赤ちゃんの誕生を待ちわびてるのにぃ。
お〜い。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。