2005年02月28日

みおんにデレデレ。パート2

シオンはだいたい21時までには寝てしまいます。
その後は、私とみおんのラブラブタイム。
23時頃旦那が帰ってきて、みおんをお風呂に入れてくれます。
その時が、旦那とみおんのラブラブタイム。
その後0時過ぎまで、旦那はご飯を食べながら、みおんと私と3人のわずかな時間を過ごします。

その時の、会話。昨夜は。
旦那:「みおん可愛いな〜。」
私:「ね〜(*^^*)なんかお姫様系だよね〜。」
旦那:「うん。。髪の毛少ないけど。ちょっと波田陽区に似てるんだよな〜。」
私:「え??やめてよー。小西真奈美だよ。」
旦那:「あー言われてみれば。。」
私:「でしょー?このつぶらな瞳がバンビちゃん系で、小西真奈美に似てるんだよね。」
旦那:「そっか、こにちゃんか。」
私:「そう、こにちゃん♪」

本気で話してるところがかなりやばい・・・(笑)

みおんって、ほんとつぶらな瞳でウルウルしててバンビちゃん系。
髪の毛も少ないし、ほんと赤ちゃんらしい。
シオンが赤ちゃんの頃は、もっと大人っぽくて、気が強そうな感じがした。
こないだ写真を見てたらやっぱり全然みおんと違うイメージだった。
髪はふさふさだし顔立ちもみおんよりはっきりしてて、人間らしかった。

でも、どんなにみおんにデレデレでも、二人目はたくましく育てられる。

シオンと旦那とみおんと3人で湯船につかってる時、(旦那の休みの日はこうなの。)
シオンがみおんに思いっきりお湯を掛けた。
当然、みおんは大泣き。
私:「うわ〜お風呂の水飲んじゃった☆大丈夫かな〜(T_T)」
旦那:「大丈夫大丈夫。後でおっぱい飲ませれば。」
私:「そっか。母乳で消毒すればいっか。」
旦那:「そうそう。」
・・・何の根拠があって・・・(^_^;)

シオンがみおんの上に思いっきり転んだ時、当然、みおんは大泣き。
私:「うわ〜大丈夫かなぁ(T_T)内臓破裂とか肋骨骨折とか。。」
旦那:「大丈夫大丈夫。そしたら泣いてないって。」
私:「そっか。こんだけ元気に泣いてれば大丈夫か。」
旦那:「そうそう。」
・・・おいおい・・・(・_・;)

いずれもシオンの時だったら大騒ぎしてただろうに。
可哀想ととるか、たくましく育て〜、と思うか…。
ちなみにうちは両方です。
でも、みおんは我が家のアイドル扱いです♪
シオンは女王様(笑)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂嫌い。

あんなにあんなにお風呂が大好きだったシオンが。
あんなにあんなに泡が大好きだったシオンが。
シオンがシオンがシオンがーーーーっっ!!
なんとお風呂が嫌いになりました(T_T)
原因はありません。(たぶん。)
単なるイヤイヤ期。悪魔の反抗期。そのせいです。
ついでにあんなに大好きだったお耳掃除もドライヤーも「いや!」の一点張り(;_;)
恐るべし、イヤイヤ期!

旦那もイライラするくらいお風呂を嫌がるシオン。
湯船につかるのはまだいいんだけど、洗われるのがどうもいやらしい。
おかげで髪や体を洗うのは1日おき・・・。
冬だからいいようなものの、夏は困る。
対策として、普段遊んでるおもちゃと一緒に入ることで何とか合意。
そのおもちゃをシオンが泡泡してあげて、だからママにもシオンを泡泡させてね、って感じで。
その先陣を切ったのは、なんとロディ。
知る人ぞ知る、バランス感覚を養う可愛い可愛いお馬さんです。
シオンの誕生お祝いに、高校時代のお友達、ヒロコさんとサトコさんから頂きました(*^_^*)
これが結構大きいのに、どうしてもロディと一緒に入ると言ってきかないシオン。
狭い我が家のお風呂にロディとシオンと私と仲良く3人で入りました。
おかげでロディはピカピカ☆良かったね、ロディ!

さ〜、今日は誰と入ろうかな。。
早く終わってくれ〜〜、イヤイヤ期(>_<)!!
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

お母さん。

シオンと絵本を読んでいて、「お母さん」と言う言葉が出てきた。
シオン:「お母さん??」
私:「そう、お母さん。ママはシオンのお母さんなんだよ。」
シオン:「ん〜??」(首をかしげる。)(←これ可愛くて好きっ♪)
私:「ママはママなんだけど、お母さんでもあるの。難しいね。」
シオン:「ん〜??」

この時はこれで終了。
んで、NHKの子供番組の歯磨きのコーナーで、
「仕上げはおかあさ〜ん♪」
と言うフレーズがあるのだけど、
↑でお母さんの説明をしてから、歯磨きする時は「おかあしゃん!」と呼ぶようになった。
今日はお風呂に入ってる時に急に「おかあしゃん!」なんて呼んだ。

なんだか照れくさい(~_~;)
『お母さん』って『ママ』よりもしっかりしたイメージ。(全国のママ、ごめんなさい☆)
しっかりしなきゃ〜って、いまさら思った。
そうか、私、お母さんなんだ。(ホントにいまさら。)

私自身は自分の母のことをいまだに「ママ」と呼んでいるのだけど、
シオンとみおんは私の事、なんて呼ぶようになるのかな〜。。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

運動不足解消計画。

シオンが運動不足です。。もちろん私も☆
あまり外に連れ出せない低月齢児の赤ちゃんがいるとそうなりがち。
この寒いのに公園で冷やすわけにもいかないし、
屋内の子供広場に行くって言っても、インフルエンザとかもらってきたらいやだし…。
しかもシオン、近所を散歩しても、最近ぜんぜん歩きたがらない(ーー;)
あんなに歩くのが好きだったのに…。
ずーーーっとベビーカーに乗りっぱなし。
旦那がいればずーーーっと抱っこ。
これも赤ちゃん返りの一種かな。。
しょうがないか…って言っても相変わらず食べる量はすごいので、
運動能力低下に加えて肥満も心配(-_-;)

というわけで、旦那が休みの日はなるべく(いや、絶対?)外に連れ出してます。
今日はオークシティに行きました。
大きなショッピングモール。
病気をもらうのはイヤだけど、そんな事言っていられない。
でもシオンって、せっかく子供広場に連れて行っても走り回って遊ばない。
そこにあるブロックとかおままごとセットで遊んじゃう。
そんなの家でもできるじゃーーんっ。
旦那に協力してもらって、何とか体を動かさせると、
やっぱり運動能力が落ちてる・・・(T_T)
滑り台さえ怖がるし。
走るとゼーゼー言ってるし。
ちょっとした段差さえ私の手を借りないと上り下りしたがらない。
あーーー困った☆
早く暖かくならないかな〜っ。

そうそう、この日はみおんの印鑑を買いました。
以前頼んでおいたのができたので、受け取りに行ったのです。
シオンと色違いのおそろいの印鑑。
ちっちゃくって、ものすごく可愛いんだよ〜♪
1つ、13000円・・・。
フルネームだからお嫁に行くまでしか使えないけど、
一生物ってわけじゃないけど、
高くてもいいんだ!生まれてきてくれた記念のプレゼントなんだから(^_^)
これで今度はみおんさんの口座を作りに行こうっと♪
ちなみにうちで一番お金持ちはシオン、二番がみおんです(笑)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

先天性鼻涙管閉塞。

なにやら難しい病名ですが、実は、みおんはこれかもしれません。
涙腺と鼻をつなぐ管が閉じて閉じてしまっているor狭くて、
本来鼻から鼻水として出るはずの雑菌やら何やらの不要物質が目から出てしまうのです。
結果、結膜炎や弱視になりやすい、と言うわけです。
でもごくありふれた病気で、目が大きい人と小さい人がいるのと同じように
鼻涙管が細いか太いか、ぐらいの事らしいです。
成長とともに鼻涙管も太くなっていくケースが多いので心配は要らないといわれました。
治らないようだったら手術をすれば簡単に治るらしいです。

症状としては目やに、涙が多く出る・・・。
以前ここで書きましたが、
みおんは涙が可愛い♪…なんてのんきに言ってる場合ではなかったわ(^^ゞ

最初におかしいと思ったのは1ヶ月前、1月25日。
朝、起きたら右目だけ目やにがびっしりで開かなかったのです。
丁寧に取り除くも取り除くも、後から後から出てきて。
下まぶたが赤く腫れてきてしまったので病院に行ったら、その病名を伝えられたのです。
右目だけ、鼻涙管が細いのかも、って。
ただ、鼻水もちゃんと出ているので閉鎖してることはないでしょうって。
その時は感染予防の抗生物質の入った点眼薬をもらって、次の日には目やにが止まりました。

だけど3日前から、また出てきたのです、目やにが。
1ヶ月前にもらった点眼薬を差してみたのだけど治らず、今日また病院へ。
違う点眼薬をもらいました。

これがこの病気の特徴らしく、だいたい1ヶ月に1回、目やにがあふれるらしいです。
このペースが速くなってくるようだったら、大きい耳鼻科を紹介してくれるそうです。
手術って簡単だけど、鼻から目にかけて管を通すのだからそれはそれは痛いらしくて(>_<)
赤ちゃんだから麻酔も使えないし…。
自然に治ってくれますように・・・。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママはライバル?

さてさて、お雛様。
今度はそのお雛様に違う言い方をしたシオン。
雄雛を指差して「パパ!」と言った。
「あれ?これはみおんのじゃなかったの〜?」…と聞いたら、
やっぱり「パパ!」と言う。
そうかそうか、男と女の区別ができてきたのね〜、成長成長(^.^)、と感心して、
「じゃあこっちは?」と雌雛を指差して聞いてみた。
当然、「ママ!」・・・って返ってくるかと思った…のだ・け・ど。
「シオンシャン!」だって(笑)
何度聞いても「シオンシャン!」
「パパの隣はママじゃないの??」と聞くと、
「ママイヤ!シオンシャン!」だそうな(^_^;)

最近、旦那が休みの時は旦那にべったりのシオン。
みおんのお世話は私がするものと思って、気を使ってるのかと思ったら、
どうやらそうではないらしい。
そういえば旦那に抱っこされてる時、「ふふん。」って感じの目で私を見る時がある。(考え過ぎ?)
とうとうきたか、その時が。。女の子ってあるのよね〜、パパ大好きな時期が。
そんでママがパパの奥さんってことも理解して、ライバル視しちゃったり。

でもシオン、その人はやめておいた方が良いわよ〜。(違うって?)
ってかシオンは私だけを見つめていなさーーーいっ!(それも違うって?)

寂しい感じもするけど、今はそれでいいか。。
私はどうしてもみおんのお世話に追われてシオンを充分に構ってあげられてないもんね。。
パパに甘えさせてもらってちょうど良いんだよね、きっと。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お雛様を飾りました。

女の子が生まれた家庭の楽しみの一つ、ひな祭り♪
ちょっと遅くなっちゃったけど、我が家でもお雛様を飾りました。

シオンの初節句の時に私の実家が用意してくれたお雛様。
じゃあ今年はみおんのお雛様を用意・・・ってな訳はなく。(お雛様二つあっても困るし(笑))
このお雛様はシオンとみおんの2人のお雛様です。
それをシオンに説明する。

シオン:「これ(お雛様)シオンシャンの?!」
私:「そう、シオンのなんだけど、みおんの物でもあるんだよ〜。」
シオン:「ん〜??」(首をかしげる。)
私:「シオンとみおんの、大事なお雛様だからね。」
シオン:「(雄雛を指差して)こっち、みんたんの!(雌雛を指差して)こっち、シオンシャンの!」

そっか、そういう風に理解したか(^^ゞ
まぁいっか☆

それにしてもシオン、嬉しそう。
シオンが生まれてから3回目のお雛様。
0歳3ヶ月→当然反応なし。
1歳3ヶ月→反応は示すが、おもちゃと同じ扱い=いじりたがる。
2歳3ヶ月→大事な物として理解、眺めて楽しむ(*^_^*)
やっぱり、喜んでもらえると私も嬉しい♪
いいな〜、ひな祭り♪
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

初めての夜。【2】

しかも私達の寝室は、隣に住む人の寝室と隣り合わせ。
このマンション、壁が薄くて隣の目覚まし時計の音とか良く聞こえる。
って事は私達の声も丸聞こえのはず。
とにかくこの部屋で2人を泣かしておいちゃいけないと、2人を連れて寝室を出た。

とにかくシオンに、今はみおんがおっぱいを飲まなくてはならない状況だと言うことを説明して、
シオンを抱きしめつつ、みおんにおっぱい。
真っ暗な部屋で、みおんのゴクゴク喉の音と、シオンのヒックヒック泣く声が響く。
ほんとにどこか世間から離れて別世界にトリップしてしまったような感じだった。
シオンとみおんが側にいるのに、なぜか感じる孤独感…。

こういう時、旦那がいればシオンは旦那に見てもらうことができるのに。
(シオンが眠過ぎて機嫌が悪い時は私じゃなきゃダメなときもあるけど。)
出産前、本気で離婚を考えていた私。
もしあの時離婚が成立していて、私1人で子供2人を引き取って、
母子家庭として生活していたら、こんなことが毎晩だったのだろう…。
そう考えたら、やっぱり離婚なんて簡単に考えちゃいけないな、と思った。(それだけじゃないけど。)

そしてなんとか仲良く3人で寝れたのは5時半過ぎ・・・。
大変な夜でした☆

次の旦那の泊まり番の日が恐い(>_<)
普段はこういう事はあまりないのに。
シオンも最近は旦那が帰ってこない事を理解するようになって、
シオンなりに不安を覚えるらしくて。
はぁ〜〜〜っしばらくは対策も練りようがないわ。がんばるしかないかっ!
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての夜。【1】

昨夜は旦那が泊まり番で、初めての3人きりの夜を過ごしました。
大和に帰ってきて1ヶ月。
これまでも泊まり番の日はあったのだけど、うちの母がいたり旦那の母がいたりだったのです。
相変わらず旦那が泊まり番の日は楽しみな私。
ベビー2人が寝たら、久々に1人でのんびり夜を過ごそうかしら〜♪
・・・なんてあまりにのんきな考え方だったのです・・・。

この日、シオンは「眠い」と言って20時にさっさと寝てしまった。
後はみおんをお風呂に入れて、おっぱい飲ませて寝させるだけだわ〜…と思ったら。
みおんさん寝ない寝ない。
0時過ぎても元気元気。
この時点でのんびり一人夜はあきらめて、
もうおっぱいあげながら添い寝して一緒に寝てしまおう、とその時。
シオンが起きた☆

みおんが産まれてから、あんなに何しても夜中に起きなかったシオンが1回は起きるようになった。
たぶん、私がシオンが寝てる間に入院してしまったので、その時の不安が残ってるのかもしれない。
「ママ〜〜〜!」と私を呼んで起きる。
その時私が横にいれば、
「ママの布団に入れて。」
…なんて可愛いことを言ってそのまま寝付いてしまうのだけど(*^_^*)

そのいつものパターンでシオンが起きてしまったのです。
こうなると大変。
シオンとみおんを両方同時に寝かし付けなくてはならなくなる。
でもこの時はまだシオンは機嫌が良く、みおんをイイ子イイ子してくれて、
みおんを間に挟んで何とか寝かしつけられた。
それでも2人がようやく寝付いたのは2時・・・。
この時間に寝たんだから、きっと2人とも朝までぐっすりでしょう…と私も寝たら。
みおんが4時に起きた。まぁこれは慣れっこなので良いのだけど。
なんとその泣き声でシオンも起きた(ーー;)
今回はシオンは機嫌が悪い。
ギャーギャー騒ぎ始めた。
「みんたん(みおん)イヤー!おっぱいやめてー!ママはシオンと寝るのー!!」…と大号泣。
その泣き声でみおんも大号泣。
大合唱が始まった。。私、ボーゼン。。

夜中(早朝?)4時、私一人取り残されたような不安でしょうがない気分。
誰か助けてくれる人が天から降って来ないだろうか、と本気で考えた。(あほ?)
さぁどうしよう。。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

買い物に行けない(T_T)【2】

またまた大号泣。
なぜか?
ベビーカーじゃなくて、椅子に座って食べたいから。
じゃあ自分で座ればいいじゃん、シオンの座れる高さなんだから。
でも、今のシオンにはそれができない。
私に抱っこして座らせてもらわないといやだと言う。
みおんを抱っこして、ソフトクリーム片手にそんなことできないよ、
と説明したら、それはそれはものすごい大絶叫をされて、私はボーゼンとしてしまった。
それを見かねた店員さんがソフトクリームを持ってくれ、
私は何とかシオンを抱っこして椅子に座らせた。
そしたらぴたっと泣き止み、ご機嫌でソフトクリームを食べるシオン。
さっきまであんなに泣いてたくせに、私にも食べさせてくれちゃったりしてご機嫌ご機嫌。
なんなんだろう・・・。

そしてソフトクリームを食べ終えて、さあ帰ろう、って時。
なんとも運の悪いことに椅子から落ちた☆
当然大号泣。泣きっ面に蜂ってこの事か…(ーー;)

時間をかけてなだめて、まだヒックヒック言ってるシオンをベビーカーに乗せ、ようやくローゼンを後に。
その時、ずっとその現場を見ていたおばさんに
「お騒がせしてすいませんでした。」と一声かけた。
そしたらそのおばさんは、
「私もね、ちょうど同じくらいの2歳のひ孫(!!)がいるのよ。やっぱり同じように可愛いわ。」
と言ってくれた・・・けど、この現場のどこを見たら可愛く見えるんだ??
さすがひ孫を持つ年ともなると(そうは見えなかったけど。)人間が大きい。。

今日のローゼンで1番目立ってたで賞は間違いなくシオンだ。
何度となく大号泣したけど、それはそれはものすごい泣き方なのだ。
まだ首も据わらないような赤ちゃんを前に抱っこして買い物カートを押して、
そこに座ってる2歳児のお姉ちゃんは大号泣…大絶叫?いや、大発狂?
明らかに大変そうな母ちゃんに見えたことでしょう・・・私☆
何人ものおば様達が声を掛けてくれた。
みんな子育て経験者。
シオンが今、お姉ちゃんになったばっかりで微妙な心理状態になっていることを良く分かってくれて
優しい言葉を掛けてくれる。
でもそれで泣き止むようなシオンじゃないし、
私もテンパっているのでうまく言葉が返せなくて、
なんだかすべてが空回りで嫌になってしまった。

もう当分買い物には行けない…いや、行きたくなーいっ(>_<)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い物に行けない(T_T)【1】

なんとか元の体調に戻ってきたシオンさん。
久々に、みおんと3人でお買い物に行くことにした。

行って帰ってくること1時間。こんなに疲れた1時間って…。
今日のシオンはひどかった。
いや、私がいけないのか?
なんだか訳分からなくなってきた☆

まず出かける前から機嫌が悪かったシオン。
歩いていくのが嫌だと言うので、ベビーカーに乗って、と言うとそれも「いや。」
じゃあ出かけるのが嫌なのかと聞くと、そうではないと言う。
みおんを置いて、自分を抱っこして連れて行けって…。
そんなことはできないと説明すると、もうそこから大絶叫。
いつもみおんを抱っこして、シオンをベビーカーに乗せていくのだけどそれが気に入らないらしい。
「お腹が痛い。」と仮病まで言い出した。。
じゃあ今日は出かけるのやめようか、と言うとそれももっと気に入らないらしい。
何とか色々説明して、いつも通りベビーカーに乗ってくれた。

さてさていつものローゼン(スーパー)に到着。
まぁこれは予想していたことだけど、アンパンマンの買い物カートに乗りたがった。
仕方が無いのでお店の人にベビーカーを預かってもらい、アンパンマン号に乗せてお買い物。
最初は順調にお買い物していたのに、シオンがプリンを見つけてからおかしくなった。
どうしてもプリンが食べたいと大絶叫。
今まで、シオンはスーパーで駄々をこねないのが助かっていたのに…。
これまで他人事のように見ていた光景が自分の身に降りかかってきた。
「プリン!プリン!」と繰り返し泣き叫ぶシオン。
でも実は家の冷蔵庫にプリンが入っているのです。
1つだけでも買ってあげればシオンの気は済んだのだろうけど、どうしてもそれができなくて。
「おうちに帰ったらあるから。おうちで食べよう。」
と説明してもダメ。今食べたいと言う。
仕方が無いので、中にあるイートインコーナーでソフトクリームを食べることで話は決着。
そしてソフトクリームを買ったら・・・。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩める母。

↓のようなことがあると、シオンが悪いというより自分を責めてしまう。
シオンがこんな風に叫んだりするのは、明らかに、赤ちゃんがいるから。
私達が何も考えずに2人目を作ったから、
大人の勝手で、シオンをこんな状況に陥らせてしまって。。

シオンの叫び方を見てると産院の婦長さんの言葉を思い出す。
「お姉ちゃんを構ってあげてください。でないとパニックを起こします。」
そう、その『パニック』って言葉が当てはまる叫び方。
自分でもどうしていいか分からないシオンの叫び。
ごめんね、ごめんね、ごめんね、と何度も繰り返す私。
でもそれがいいことなのかどうか。。

みおんが可愛いくて、産まれてきてくれて嬉しくて、愛しい気持ちは大人の心。
今のシオンにとってはそんなことはどうでもいいのだ。
とにかく自分を構ってほしくて。。
でもシオンも、みおんに興味があって可愛く思ってることは確か。
その気持ちを上手く膨らませてあげられれば良いのだけど、
どうもうまく行かない。

このままじゃ、シオンがどうにかなってしまいそうで怖い。
でも、でもでも、絶対、時が過ぎれば、兄弟姉妹って宝物だよね。
私にはいないからこそ、そう思う。
私も、シオンとみおんの『ママ』じゃなくて『姉妹』だったら良かったのに。
そしたらきっともっと上手に接することができるのに、2人に。
ホントは2人がうらやましくてしょうがない。

・・・なんて。今日は悩みの一日でした〜。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

みおんにデレデレ。

赤ちゃんってやっぱり可愛いです。
最近は、笑いかけると笑ったり、おしゃべりもするので可愛い可愛い。
私のことも、おっぱいをくれる人だと分かってきたようで、
どんなに泣いてても私が抱っこすれば泣き止んで、
そのキラキラした目で私を見つめ、
「あ〜〜、あなたを待ってたのよ。」と言わんばかりにニコニコ。
もうたまらんです。(*^_^*)

旦那も、口には出さないけど、そのにやけっぷりでみおんにデレデレなのが良く分かる。

私も、旦那も、まだシオンとみおんの2人同時に可愛がる事に慣れずにいて、
なんとなくシオンに気を使う…って変な言い方だけど、
シオンの前でみおんにベタベタはできないでいるのだけど、
本心では24時間1秒たりとも目を離さず眺めていたい。そのくらい可愛い(*~。~*)
もちろん、家事なんか放っておいてシオンと心行くまで遊びたいとも思う。
体が2つか3つくらいあったらいいのに、って心底願う今日この頃。
一方、今のわがままシオンの後に、みおんの顔を見ると癒されてしまったり。。
母親だって人間です。
でもマリア様のように2人に平等に優しく強くありたいと心底願う今日この頃。
今日この頃は願いがいっぱいね〜☆

それにしても考えれば、みおんもあと2年もすればイヤイヤ星人になるのか・・・。
その頃にはシオンは可愛い盛りのお姫様4歳児。(…の予定(^.^))
それもまた楽しみだー♪
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みおんも発熱?

実は、シオンが熱を出した9日の次の日、10日の夜、みおんも発熱しました。
おっぱいを飲んでる赤ちゃんは発熱するとすぐ分かるのです。
だって口の中がものすごく熱くなるので…。
夜間授乳で、その熱さに気付き、熱を測ってみたら38.3度!
すぐに氷枕と冷えピタを当てて様子を見る。
そして翌朝には、平熱(36.9度)よりちょっと高めの37.3度に下がりました。
なんてこったい・・シオンの風邪がうつっちゃったのかなぁ。。
でも機嫌は良く、夕方には平熱に戻ったので一安心。

その数日後、シオンの事もあって赤ちゃんの病気の本を見てみると、
生後4ヶ月未満の赤ちゃんは熱を出すことはめったに無いので、
38度以上の熱を出したら一刻も早く病院へ行くこと、脳炎、髄膜炎の疑いあり。
・・・とある。
ありゃりゃ☆なんて恐ろしいことを見逃していたんだろう、私ってば。
何も無かったから良かったものの…。
慣れとは恐ろしいものです。
これが初めての子だったら、熱が出ただけで慌てて病院に行っただろうに。
気をつけなきゃーーー。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

シオン風邪っぴき。【4】

翌日13日(日)、
ただでさえ甘い旦那の両親、具合が悪いシオンにさらに甘くして、
わがまま怪獣を作り上げて帰って行きました・・・。

シオンにようやく食べさせたもの、パン粥。
どうしても大好きなパンが食べたいと言うので、お粥じゃなくてパン粥。
それでも丸2日間何も食べてなかったぺったんこのシオンの胃にはおちょこ2杯分くらいが精一杯。
なのに、もっとくれというシオン。
でも食べさせたって入っていかないのです。
それでますますイライラするらしく、大絶叫☆
その他にもあれが食べたいコレが食べたい、パパに会いたいママいや(むかつく!)etc.
わがまま言いたい放題。
いくら相手が病人だからって、子供だからって、私だってイライラする。
押さえきれずに怒ったら、予想通りの発狂マシーンに大変身☆はああああああ。。

そして夜中は夜泣きをします。
ってか夜叫び?
パパでもダメ、ママでもダメ、いくら抱っこしようとしても体をのけぞって猛反発。
そして大絶叫。
たぶん昼間のストレスが解消しきれずに安眠できないのでしょう。。
こんなことが1時間おきにあって、当然、いつも通りみおんの夜間授乳もあって、
私の睡眠時間はどっかへ行ってしまった〜☆ばいば〜い♪

そして翌日14日の朝。
シオンのオムツを替えたら、ななななんと!け、け、血尿が〜〜!!
ふら〜〜〜〜〜っっっ・・・倒れそう☆
本を見たら、風邪の後に菌が腎臓に入って腎炎を起こすことがあるという。
その症状の一つが血尿。
時には入院、慢性化する事もあり、即受診…だって!
みおんをかついでシオンをベビーカーに乗せて突っ走る。

お医者様にオムツを見せると、確かに血尿っぽい色だから疑わしいけど、
何せその他の症状→発熱、腹痛、むくみ、などがないので、
とりあえず1回帰って採尿してまた明日来て下さいと言われた。

そして今日、15日。
シオンのおしっこを持って朝一で病院へ。
そしたら。
血も細菌も反応が見られなかったので、おそらくただの濃いおしっこだそうで…(ーー*)
私が、シオンが吐くのを恐れるあまり、水分を与えなさ過ぎだったので、
軽い脱水を起こしているのでしょうって。。うっっ・・反省(-_-;)

何はともあれ、なんとも無くてよかった〜。
これでようやく一安心♪
あとはシオンのわがまま&夜叫びが治ってくれるのを待つばかりだわ・・・。

終わり。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シオン風邪っぴき。【3】

病院に着いたら、見るからに高熱でぐったりしてる人達であふれかえっていた。
そう、みんなインフルエンザ…。
帰ったら手洗いとうがいを念入りにしよう。。
一方シオンは熱は無いのでいたって元気。
みんなおとなしくしてるのに一人で騒ぐシオン。
「抱っこしてー。やっぱり抱っこいやー。降ろしてー。遊びたいー。ジュース飲みたいー。ギャーーー(雄叫び。)」
機嫌は悪いのでわがまま言いたい放題のシオン。
「なんだこのうるさいガキ。どういう教育してるんだ。こっちは具合悪いんだから黙らせろよ。」
・・・って周囲の視線がそう言ってるようでたまらなかった。
でもここでシオンを怒っても、逆ギレして発狂するのが分かっていたので何も言えず…。
ただ心の中で
「違うんです、この子は普段は可愛くて愛嬌があって素直な優しい子なんですーーー!」
と叫んでいた。(良く言いすぎ(笑)?)

結局待つこと2時間半。夜中11時半過ぎ。ようやく診察の順番が回ってきた。
到着した旦那と3人で診察室へ。
診察結果は・・・。
ななな、なんと!!  ノロウイルス!!
なんてこったい、板前の家庭で食中毒を出すとは・・・(;O;)
ってかノロウイルスって死んじゃうじゃん(*_*;;;)
大丈夫なのーーー?!
・・・大丈夫なのだそうです。
ってかあくまでも症状からの推測なので。(検便したわけじゃないし。)
とりあえず嘔吐がひどいので、吐き気止めの、今度は座薬をもらった。

そして翌日12日(土)、いつもの信頼している病院へ。
食中毒の線はほとんど無いでしょう、と言われた。
なんだい、おどかしやがってぇ。。でもホッとしたぁ☆
何らかの菌が胃腸に入った事は確かなので、しばらく流動食で様子を見て、
水分も、少量を頻回にあげるように、と…。また吐いてしまうので。
という訳で、この日も水分しか摂らせず、丸二日、何も食べてないよ〜シオン。。
当然、シオンのイライラはピークに達し、わがままっぷり発揮!
そして具合が悪すぎて私にべったり☆ママ星人になってしまった。
まぁ、これは嬉しいけれど…。
いつも義母には「シオンちゃんはママがいなくても平気なのね〜。」
と言われて悔しい思いをしていたので、見せ付けられて良かったわ(笑)
でもこれで少しづつ快方に向かっていけば一安心♪

ところがまだ終わってなかったのです・・・。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シオン風邪っぴき。【2】

1日元気だと思っていた10日の夜からまた熱っぽいシオン。
翌朝11日(祝)。
熱を測ると37度。
なんだ微熱か・・・でも食欲無いなぁ、大好きなパンも残すし…。
とその時。
突然。何の前触れも無く、シオンは吐いた。
「あっっ!!シオンっ?!」
と思わず大声を出した私。
そこへ義母が「ちょっと、大声出さないで。」・・・と。
何であなたにそんな事言われなきゃいけないのーー??
確かに私が大声出したらシオンがビックリしちゃうから、いけないのは分かるけど、
驚いちゃったんだからしょうがないじゃないかーーーー。
なんか分かんないけどむかつくなーーもーーー!!
(普段は好きなのよ、お義母さん。)
あなたがそういう人だから、息子が神経質なのよーー。

そう、旦那とお義母さんって、大声とか生活音とかに神経質。
ドアの開け閉めからグラスの置き方、足音、何から何まで音を出すのを嫌がる。
ちょっと、ついてけないのよねー。

・・・と話は反れましたが☆
結局それからシオンは何食べても飲んでも嘔吐の繰り返し。。
夕方にはひどい下痢までした。
9日にもらった吐き気止め&整腸剤を飲ませても吐いてしまう。
もう1回吐いたら病院へ連れて行こう・・・。
と覚悟を決めた夜20時過ぎ、またまた嘔吐。
迷わず地域の夜間緊急診察センターに電話をした。
すると、祝日の夜ということで非常に込んでいて待ち時間が2時間はかかると言う。
でもしょうがない。このままじゃシオンが大変。
丸1日、何も体に入ってないんだもの…。
この日から、車で来ていたお義父さん。
じゃあお義父さんに車を飛ばしてもらおう・・・が、すでに飲んだくれ(-_-;)
私が運転するって言っても、もう4年もペーパードライバーだし、
こんな緊急時じゃ慌ててしまってまともに運転できる自信が無い。
しょうがないのでみおんとお義父さんにはお留守番をしてもらい、
私と義母とシオンと3人でタクシーで病院へ。
旦那が帰ってきたら、みおんとお義父さんと旦那に車で来てもらう事にした。
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シオン風邪っぴき。

シオンが風邪っぴきです(>_<)

経過↓
9日(水)
昼から、あのシオンさんが食欲が無い。
いつもは大口開けてバクバク食べるのに、小口でお上品に食べてしかも残した。
少しシオンには少食になって欲しい私。
これが病気の幕開けとも気付かずに、ちょっと喜び気味のひどい母、私…。
その後、ちょっと元気が無いな〜・・・と思ったら、みるみる体が熱くなり、
熱を測れば38.5度!
ありゃりゃ〜〜〜☆
この日、泊まり番明けで早く(16時)に帰って来る旦那を待って病院へ。
みおんを義母にお任せして、3人で行って来ました。
この日、かかりつけの小児クリニックが休診だったため、
最近近くにできた大きくて綺麗なゴージャス系小児科病院へ。
人気もあるのでしょう。それはそれはものすごい患者数で、待ち時間2時間(@_@;)!!
見るからに病原菌がうようよしていて嫌だったけど、待つしかない。
待ってる間にもシオンの熱が上がっていってるのは明らかだった。
ぐったりして、顔はまっかっか。
ようやく診察室に入った時にはもう限界ギリギリのフラフラ状態。
お医者さんもその状態に、「点滴を打ちましょう。」との即断。
(ちなみにインフルエンザではありませんでした。)
シオン、初点滴。
ちっちゃい右手の甲にあの太〜い点滴針が注入される・・・。
しかも看護婦さんが下手なのか、シオンの手に肉がつき過ぎなのか^_^;、
なかなか血管を探り当てることができず、何回も打ち直す看護婦。
その度に響き渡るシオンの叫び声。
半べそをかく弱い母、私(;_;)
「もういいですっ!!やめてください!!」…って言葉がすぐそこまで出ていた。。
そんなこんなでやっと点滴がシオンの体の中に流れた。
そこで私は、おっぱいを待つみおんの元へ帰る事に。
40分の点滴を打たれているシオンには旦那がついて。
不幸中の幸いと言うかなんと言うか、義母&旦那がいる時で良かった…。
私一人だったらどうなってたか。

でも後で、
「昨晩、おふくろとシオンが2人で一つの布団で暖房も無い部屋で寝たのがまずかったよな。。」
と旦那。大きくうなずく私でした(笑)

シオンはこの日、点滴のおかげで元気を取り戻し、翌日も元気はつらつ♪
点滴って素晴らしい〜♪治っちゃったわ〜♪
・・・と、ホッとしたのもつかの間・・・。(つづく。)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

義母来る。

今日から5泊6日で義母がうちに居座る…
もとい、来てくれてます(笑)
なんでもこの3月に長年勤めてきた某大手化粧品メーカーを退職するそうで。
有給消化なのだそうです。
あ〜〜〜私の化粧品スポンサーが・・・いやいや、お疲れ様でした(^o^;)

今晩はお義母さんとシオンは別の部屋で一緒に寝てしまいました。
私の入院中以外で初めて。シオンと離れて寝るのは…。
前々から何度も「シオンと寝たい」と言われていたのだけど、
イヤでイヤで、やんわりと断っていたのです。
だけどもう断りきれなくて。
これも嫁の務めか・・・(´~`;
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

母帰る。

久しぶりの更新〜!!
ずっと片づけやら何やらでバタバタしてました☆
やっとこ大和でのシオン、みおん、わたし、旦那との生活が軌道に乗ってきたこの頃。
母は役目を終え、今日福岡へ帰っていきました。
しばらくは寂しさより、ホッとのんびり生活できる安心感の方が大きいんじゃないかなー。
ママ、ホントにありがとうございました!

さ〜〜〜っ!
私は臨戦態勢に入りましたっ。
がんばるぞっ\(◎o◎)/!
(↑すでに目が回ってテンパり気味。)
posted by キョウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。